【胃の異常機能を治す】

自然「胃・十二指腸潰瘍」はご存知でしょうか。これにクマ笹エキスは有効だと言われています。

胃・十二指腸潰瘍の原因は、胃液(肉などのタンパク分解酵素のペプシンと胃酸=塩酸)の分泌過剰が主因とされ、この分泌過剰を抑制したり、中和する医薬品が賞用されています。

クマ笹エキスの場合は、各種機能性成分が働いて、胃の異常機能を治すものと考えられます。例えば、成分のクロロフィルの場合、過剰分泌ペプシンによる胃壁の消化を防ぎます。そのためクロロフィルは“抗潰瘍性ビタミン”とも言われています。

またクロロフィルは、あらゆる臓器機能に強力な促進作用を施します。例えば造血を促進し、心筋の収縮を強化し、脈拍を規正し、呼吸活動を盛んにし、肝機能を高める働きなどをします。

いずれにしても、クマ笹エキスが胃・十二指腸潰瘍、さらには、腸炎、胃酸過多、便秘、下痢など消化器機能の異常に有効であることは、各種機能性成分などが相加・相乗的に作用するためと考えられています。

ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話0120-14-9033

お問合せフォームはこちら

お問合せ・ご注文はこちら

ページトップへ
ページトップへ