【漢方に生きる笹の効用】

竹&笹 「防腐効果や健康に良い竹が、薬として役に立たないはずはない」というは理にかなっていると言えます。  わが国は古くから漢方(中国医学)が伝統的に用いられてきました。こ

もともと漢方は、自然、天然に産したものを薬として用いられています。

今から約千七百年前の漢方の古い書物に『神農本草経』というのがありした。また同じ時代に『傷寒論』という医学書が出ていますが、これらの書物にも竹の葉、根、実、汁の効用を説いた記述が残っています。特に『傷寒論』には竹葉石膏湯という処方が出ています。

青森県五所川原市立西北中央病院皮膚科医長・鈴木賢二先生がおっしゃるように、漢方では笹のことを竹葉と呼び(日本産のものとは異なるとのこと)、活用しています。竹葉の薬効は、解熱、抗炎症、鎮咳、解毒、消腫瘍、抗口渇、止血、殺虫などに効果が高いと言われています。

下記の内容は、故 大塚敬節 博士(前日本東洋医学会会長)の著によるものになります(竹の皮の配合例も挙げました)。

 1  甘湯  (かんとう)-竹の甘肌を削ったものと、米と生姜を加えた煎じ薬。
熱病の後でしゃっくりが出たり吐き気がしたりして、食事が落ち着かない場合に効く
 2  生蘆根飲  生の芦の根に、竹の皮の削ったものと米と生姜を加えた煎じ薬。
効用は1と同じ。
 3  生地黄湯  しょうじおうとう-竹葉の他に生地黄をはじめ、十一種の薬が入っていて、流行性熱病
のこじれたものを治す。
 4  竹飲  竹の皮の他に生姜、梔の実、黄芩が入ったもので、高熱、頭痛があって食べると吐く
という症状に効く。
 5  前胡湯  竹葉の他に六種の薬が入っていて、高熱や悪寒があって、食べたものを吐くという
症状に効く。
 6  地黄湯  竹葉の他に他黄が入っていて、咳、喉のただれに効く。
 7  紫胡湯  さいことう-竹葉、紫胡などが入っていて、熱のために意識が朦朧となり、胸の脇や
関節の痛み、食欲がないという症状に効く。
 8  沢瀉湯  たくしゃとう-さじおもだかなどに竹葉が入ったもの。胃炎で食欲がないときに効く。
 9  五味丸  竹の皮、茯苓が入ったもので、長く吐き気が治まらないときに効く。
 10  大半夏湯  だいはんげとう-食べると吐くというときに用いる。竹の皮に人参、茯苓が入っている。
 11  補肺湯  ほはいとう-肺を丈夫にし、咳を鎮め、声が嗄れるのを治す。
竹葉、桑白皮、五味子が入っている。
 12  茯苓湯  ぶくりょうとう-のどがひどく渇くのを止める。
竹葉の他に黄鳥瓜の根、茯苓が入っている。

そのほかにもたくさんありますが、竹葉がいかに古くから薬用に用いられました。

 

竹や笹を用いた応用例

 強い口臭とき  煎じた液で口をゆすぐ
 頑固な水虫  笹と南天の葉を同量に混ぜ、それを煎じた液で洗う
 蜂にさされたとき  女竹の葉を煎じた液で温める
 犬に噛まれたとき  竹の葉の汁を塗る
 はやり目  竹の葉の汁を塗るとよい。
 しゃっくり  竹の甘皮を煎じた液を飲むとよい。
 生理が長引いて止まらないとき  竹の甘皮を煎じて飲むとよい。食当たりのときは、竹を黒焼きにしたものを飲むとよい。

 

 

ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話0120-14-9033

お問合せフォームはこちら

お問合せ・ご注文はこちら

ページトップへ
ページトップへ